弁護士に依頼するメリットとデメリット

弁護士に依頼をしていいのかわからない、弁護士に依頼をするべきか迷っている、そういったご相談を受けることがあります。

多くの方は弁護士に依頼をすることは人生に一回あるかないかの出来事であり、悩まれることは当然のことだと思います。

そこで、弁護士に依頼をすべきかどうか迷っている場合の判断材料にしていただくため、弁護士に依頼をするメリットとデメリットについてご説明いたします。

そして、デメリットよりもメリットのほうが大きいと感じられる場合には弁護士へ依頼することをお薦めいたします。

 

 

弁護士へ依頼するメリット

1 揉めないように解決(紛争の予防)をします。

当事者同士で話をしているとどうしても感情的になってしまい、話が前に進まないことがあります。

こちらが法的に正しいことを言っても、相手相続人の言うこととして信用してもらえないことがあります。

また、感情的になってしまい、法律を全く無視したような主張をされることもあります。これでは話は進むはずはなく、相続問題は当事者同士で話をしていては、大いに揉めてしまう可能性が高くなります。そんな時、弁護士が法律の専門家として「法律はこうなっていますよ」と冷静に話しをすることで、早期に問題解決へと導きます。

さらに、例えば特別受益の有無や金額が問題になっている場合には、どういった資料が必要であるか裁判までを見据えて、的確な資料収集を行い、それをもとに相手を説得することで早期に問題解決へと導きます。

弁護士は揉めてから依頼するべきと誤解をされがちですが、実際は揉めないようにするために弁護士を依頼するという紛争の予防に大きなメリットがあります。

 

2 相手と交渉する煩わしさから解放されます。

相続問題では感情的な対立から相手と話をすることに強いストレスを感じる方が多く見えます。また、親族だからこそ言いにくいこともあると感じられる方もいます。

弁護士に依頼をしていただければ、弁護士が交渉の窓口となります。それにより、相手と話をするストレスから解放されますし、弁護士が代理人として言いにくいこともきちんと代弁してくれます。

 

3 煩雑な手続の代行をいたします。

働いている方にとっては、平日に役所へ行って戸籍謄本を取ってくることは非常に煩雑ではないでしょうか。また、預金口座の取引履歴を取得するために金融機関へいくことも煩雑ではないでしょうか。相続手続においてはその他にも各種の書類を取得して、各機関へ提出することが多数必要になります。

移転登記をする場合には、司法書士との打合せ必要書類のやりとりも必要になります。

そういった煩雑な手続についても弁護士に依頼をしていただければすべて代行いたしますので、煩雑な手続について時間の節約になります。

 

4 交渉から裁判まで一貫して対応することができます。

相続手続では、税理士や司法書士といった他の士業も関与することが多くあります。しかし、税理士や司法書士は紛争性のある事項を扱うことができません(もしお金をもらって紛争性のある事項を扱えば弁護士法違反となります。)。当然裁判になったとき代理人になることもできません。

そのため、当初は税理士や司法書士が対応をしていても、相続人間で争いが生じてしまうと対応することができません。実際に、当初は税理士や司法書士が対応していたけれども相続人間で争いが生じてしまったためどうしようもなくなり弁護士に依頼するという事例が多くあります。そういった場合、裁判になった場合を見据えて話をしておらず、解決が極めて困難になってしまっていることがあります。

弁護士であれば、当初から裁判になった場合のことを見据えて、法律というルールに則って交渉をしますので、万が一話がまとまらず調停や裁判になってしまったとしても、交渉段階から矛盾のない一貫した対応が可能で、依頼者の方に有利に手続を進めることができます。例えば骨折をしたら、接骨院ではなく、整形外科などの医師に診てもらうことが当たり前だと思いますが、法律問題について弁護士に相談することはそれと同じことだといえます。

 

5 常にリスクを最小限にするよう行動します。

弁護士は常に紛争の現場を見ています。そのため、どういったところにどういったリスクが潜んでいるか、それを回避するためにはどうしたらよいか、という視点からアドバイスや交渉を行います。

例えば生前対策として作成したはずの遺言を巡るトラブルは非常に多いので、遺言書の一言一句にも気を使って遺言書を作成します。「長男Aに現金500万円を相続させる」といった単純な内容でも実はトラブルになる可能性が大きいことは実際に紛争の現場を見ている弁護士でなければわからないかもしれません。

そのため、後々の紛争のリスクが最小限になります。

 

6 弁護士は依頼者の方の味方です。

弁護士はあくまで依頼者の方の味方です。

法律というツールを使い、依頼者の方の正当な利益が最大化するよう尽力します。

また、最後まで依頼者の方に寄り添い、共に最初から最後まで責任をもって事件を解決していきます。不安や疑問を感じたとき、弁護士はいつでも依頼者の方の側にいる頼れるパートナーなのです。

 

弁護士へ依頼するデメリット

1 弁護士費用がかかります。

弁護士に依頼をすれば当然弁護士費用がかかり、それは決して安くはありません。多くの人にとっては人生で一回あるかないかの高い買い物かもしれません。

鴻陽法律事務所は、決して安くない弁護士費用を支払っても価値があると思っていただけるようなサービスを提供し続けるべく、日々研鑽に努めています。

 

2 紛争が激化する場合が稀にあります。

一方の相続人が弁護士に依頼をすることで、他方の相続人も弁護士に依頼をすると、弁護士は依頼者の利益の最大化を目指していくため、双方の主張が衝突し、紛争が激化する場合が稀にあります。中には辛辣な内容の書面を作成する弁護士もいます。

依頼者の利益のために最善を尽くすことは当然ですが、鴻陽法律事務所は依頼者の方にとって何が最善の解決なのかについても共に考えてまいります。

相続・遺言問題でお悩みの方はご相談ください。 052-462-8418

ご相談の流れはこちら

052-462-8418 法律相談のご予約 メール受付はこちら